常備しなければならない理由

Drugs

タイムリミットは72時間

アイピルなどのアフターピルには使用のタイムリミットがあります。
アフターピルは体の内側から受精卵を作るのを阻害し、着床も防いでくれるというものなのですが、一度着床したものをなかったことにはできません。
すなわち、着床する前までにアフターピルで防ぐ必要があるのです。
具体的に言うと、多くのアフターピルのタイムリミットが72時間になります。タイムリミット以内だったとしても、なるべく早いタイミングで服用した方が避妊の成功率が高くなるので、とにかく急いで服用する必要があります。

早く服用するためにも

少しでも早く服用するためには、常に薬を常備しておくことが重要です。
もし避妊に失敗したのが夜だった場合、そこから開いている病院を探すのも一苦労です。翌日に仕事の場合はいろいろ面倒なことにもなりますので、ベストなのは常に使えるように通販でアイピルを購入しておくことです。
購入は今すぐにでも行う必要があります。というのも、アフターピルは海外から輸入する手続きになるので、手元に届くまでに1週間ほどかかります。
避妊に失敗した後で購入しようとしても間に合わないので、事前に購入しておきましょう。
通販なら産婦人科のように医師の診察を受ける必要もありませんし、もしもの時に備えておきたいという理由で購入することも可能です。避妊はいつ失敗してしまうかわからないので、アフターピルの通販で有事に備えましょう。