もしもの時のために

Girl is crying

コンドームの落とし穴

日本で最も多く用いられている避妊方法といえばコンドームですが、コンドームを過信していると、思わぬ事故に見舞われることがあります。
コンドームは男性器に覆いかぶせることによって精液の流入を防ぐものですが、コンドームは行為中に外れてしまったり、破れてしまったりという事故が後を絶ちません。
また、射精時だけコンドームを着けておけば大丈夫という誤った認識が広まっており、行為の初めからコンドームを利用しない男性も多くいます。実際には男性器から出る分泌液に精子が含まれることもあるので、十分に妊娠の可能性があります。
これらのことから、コンドームの避妊率は約8割程度とされており、10人に2人は避妊に失敗している計算になります。

事後にできる避妊

避妊方法には色々なものがありますが、行為の後からでも行えるのはアフターピルだけです。そういった意味では、アフターピルは非常に重要な避妊方法だといえます。
コンドームによる避妊が失敗したタイミングで服用すれば、高確率で妊娠を回避できます。
アフターピルは主に産婦人科で手に入れることが可能になっており、コンドームの避妊に失敗したカップルが主に利用しています。
アフターピルを購入するためには、産婦人科に行く必要があるので、非常に手間がかかります。
そこで通販であらかじめアイピルを購入しておくことをおすすめします。いつでも使えるようにしておけば、緊急時にも焦らずに対応できるでしょう。