風俗のホームページ制作にはSEOは必ず必要となる

ヘッドライン

検索順位

seo ホームページにとって、検索順位が持つ意味は非常に大きいものです。… 続きを読む

新着記事一覧

2014/05/02
検索順位を更新
2014/05/02
デザインを更新

必要性

huzoku

風俗は、宣伝方法というのが限られています。
何故なら、テレビコマーシャル等は倫理関係から必ず不可能となっており、一般の雑誌でもアダルト要素を含むため不可能です。
そのため、風俗情報の専門誌等が存在するのですが、それらは元々風俗に行くような人が購入するものであるため、新規の客層を取り込むという意味では非常に難しいです。

現在は、インターネット社会ということもあり、インターネットを利用していないという人はほぼ存在しません。
そのため、アダルト系のお店もインターネットに目を向けるようになったのです。
あらゆるお店のホームページ制作がされたため、風俗系のホームページをまとめたリンクサイト、その中でも求人情報のみを扱った求人専門のサイトというのが存在しています。
このように、現在のアダルト系のサイトはインターネットを主な活動場所としています。

というよりも、インターネット内でしか自由に宣伝出来ないということもあるため、まずはホームページを作り、自分のお店を知ってもらうというのが基本となっています。
現在、ホームページを持っていないお店というのは、アダルト系、アダルト系以外の全てを合わせてもそんなに多くありません。
特に、アダルト系のお店の場合はホームページを持たなければ宣伝が思うようにいかないため、必ず作るようにした方が良いです。

資金

sexy

新しく風俗店を作る場合、どのようなお店にするのかをまず決めるはずです。
ソフトサービスかハードサービスか、恒久化格安か、店舗型かホテル一体型か無店舗型か、というように、1つずつ順番に決めていくというのも良いかもしれません。

ですが、資金を気にするのであれば、現在はデリバリータイプが主流となっています。
何故なら、デリバリータイプは店舗を持たないお店であるため、経費等が必要以上に掛かりません。
また、デリバリータイプのお店は、店舗型と比べると非常に営業許可が出やすいです。
そして、24時刊営業が出来るという強みが存在します。
デリバリータイプは、店舗を持たないために風営法の決まりである、24時、あるいは25時に店を閉めるということを守る必要が無いのです。
そのため、デリバリータイプのお店は数あるお店の中で唯一24時刊営業が認められている風俗であると言えます。

コンセプト

風俗店というのは、数が非常に多いです。
そのため、店のコンセプトを決めるということが多くなっています。
例えば、巨乳専門店であったり、ロリ系専門店であったりというものです。
このようなコンセプトを持つことで、幅は狭くなりますが、需要があるものであれば多くの人が固定客となってくれるはずです。
他店との差別化を図るために、このようなお店を作るというのも最近では多くなっています。


おすすめリンク

石巻の風俗求人なら:いちごナビ東北

アダルトや風俗ジャンルのSEO月額固定型サービスなら|スマートワン
新宿の風俗店情報なら!;ラブギャラリー